校長室から

校長のひとり言

ひとり言

朝、各クラスの教室を周り子どもたちとあいさつを交わしています。今朝、1年生の教室へ行き「おはようございます。」とあいさつをすると、いつものように大きな声で「おはようございます。」とあいさつが返ってきました。すると、あいさつが終わるやいなや「校長先生見て下さい。」と何やらファイルをもって大勢の1年生が私のところにやってきました。見るとキャリアファイルで、その中に1枚のキャリアカードが差し込まれています。子どもたちは、嬉しそうにそのカードを私に見せにきたのです。カードには、子どもたちが産まれた頃や小さかった頃のことがお家の方の文字で書かれていました。そして、そこには当時の子どもたちの写真も貼ってありました。子どもたちは、「こんなにいっぱい書いてもらったよ。」「わたしが産まれてママは幸せだったんだって。」「0才で歩いたんだって。」「1才の写真なんだよ。」子どもたちの喜びはつきませんでした。子どもたちの満面の笑顔を見て、子どもたちは家族の愛情をいっぱい浴び、その愛情を無意識のうちに受けとめすくすく育っていることに、なんだかとても嬉しい気持ちになりました。

ひとり言

いつものように学校前の交差点で子どもたちの登校を待っていると「おはようございます。」と、元気に子どもたちが通り過ぎていきます。あと2班来ると登校完了だと思いながら待っていると、その2班は班長ではなく副班長が先頭で歩いてきました。「おはよう。◯◯くん、今日は班長なんだね。」と声をかけると、「1年生が転んでしまったので班長は、後から一緒に来ます。」というのです。

数分後、その班の班長と別の班の班長が、1年生を挟むようにして歩いてきました。話を聞いたところ、1年生がつまずいて転んでしまったので、その班の班長はすぐに「大丈夫。」と声をかけ手をさしのべて起こした後ケガのようすを確認したそうです。そして、大きな傷はないものの心配なので班の子は副班長に任せ先に行かせ、自分は1年生に寄り添う判断をしたのだそうです。

また、その時異常事態に気づいた50m先を歩いていた別の班の班長が、自分の班の子に「行ってくるから先に行ってて。」とその場に駆けつけ、「大丈夫。一緒に行こうね。」と優しく声をかけてくれたそうです。

二人の班長のとった行動と心の中を想像すると、とても心が温かくなると同時に判断の的確さは素晴らしいと思います。こんな素晴らしい行動の取れる子どもたちを誇りに思います。

転んでしまった1年生は、先に登校した1年生から連絡を受け待ち構えていた担任に手当てをしてもらいました。

ひとり言

休み時間に1年生の子どもたちに誘われ、鬼ごっこをしました。子どもたちを追いかけたり、子どもたちに追いかけられたりして遊んでいると、男の子と女の子がぶつかってしまい、女の子が前のめりに転んでしまいました。男の子はすぐに「ごめんね。大丈夫。」と女の子に手を差しだしました。(男の子が悪いわけではありませんが)女の子は、その差しだした手を握りしめ立ち上がりました。しかし、右の肘あたりを気にしながら涙目になっていました。私が「保健室で見てもらおうか。」と声をかけようとした瞬間、近くにいた女の子が「保健室に行こう。一緒に行ってあげる。」と寄り添いながら歩いていきました。ぶつかってしまった男の子の行動も、寄り添ってくれた女の子の行動も、私がこんな子どもに育って欲しいと思っている姿でした。それが、ついこの間入学してきた1年生の子どもたちが行動なのですから、目の前で見ていた私は胸は熱くなりました。

ひとり言

今朝、学校前の信号に立っていると1年生の女の子が、何やら鼻を押さえながら歩いてきました。「どうしたの?」と尋ねると「鼻血が出てきました。」と言うのです。するとすぐ後ろを歩いていた1年生の男の子が「はい。」とティッシュを差しだしました。女の子は黙って一番前を歩いていたので、後ろを歩いていた子どもたちは気づかなかったのだろうと思います。しかし、気づいた後の男の子の素早い対応にとてもうれしい気持ちになりました。女の子は、鼻血の量も少なく校門に着くころには止血していました。

朝礼から

昨年来、本校の子どもたちはあいさつがよくできるようになってきました。そこで、「あいさつをステップアップ」することで、さらに学校を、人間関係を素晴らしいものにしていくために子どもたちと「あいさつのステップアップ」について考えました。

子どもたちは、あいさつをすることがよいことだと言うことは知っていて、あいさつをするとあいさつを返してくれます。しかし、あいさつのもつ効果を引き出すあいさつをすることは難しいことです。そこで「ステップアップしたあいさつとはどんなものか」と子どもたちに投げかけました。すると、「相手に聞こえるように大きな声でする。」と発表してくれた子がいました。そして、その子に続くように「誰に行っているのか分かるように、相手を見て言う。」という意見も出てきました。子どもたちは、しっかり相手を意識してあいさつをしていることが分かります。これらのことが、より多くの子どもたちに波及していくことで集団は変わっていくと思います。最後、みんなで協力して、「みんなが仲よく、みんなが笑顔で、みんなが元気な 丹生小学校」にしていくことを約束しました。

校長室からの風景

昨日の雪が稲含山に微かに残り、桜とのマッチングがとても素敵だったので写真を撮ってみました。年度初めの慌ただしい中ですが、丹生の素晴らしい環境に目を向けられるゆとりを持って、子どもたちと向き合っていければと思います。しかし、慌ただしいのは職員だけで、子どもたちは新しい先生、新しい学年に対応し生き生きと活動しています。

お気に入りの風景

昨日、2年生の女の子が校長室を訪れて「校長先生に見せたいものがあるので来てください。」というので、言われるがままについて行くと、そこは図書室でした。面白い本を見つけたのかなと思ったのですが、その子の見せたいものは図書室から見える丹生の風景でした。そして、その子は「遠くに山があって、近くにも山があって、田んぼがあって、川があって、丹生は自然でいっぱいですね。私は、丹生小でよかったです。」と言いました。先日、地域の方がふるさと朝礼で「丹生のいいところ」について話をしてくださり「丹生のよさを知って、もっと丹生を好きになってください。」という話を聞いたばかりでした。だから、その時の話がその子の心にはしっかり残っていて、私に声をかけに来たのかなあと思いました。ふるさとに対する愛着、美しものに心を動かされる豊かな感性をもった子が育っていることを嬉しく思います。ちなみに、私もここから見える風景が大好きです。

今朝、蒸気が立ちこめる風景を撮ってみました。

昨年、初秋の風景です。

朝礼

朝礼で「節分」の話をしました。

「節分」の漢字の意味を問うと、すかさず6年生が「季節を分ける」と返してくれました。日本には季節がいくつあるかを問うと、今度は1年生が「春、夏、秋、冬の4つ」、3年生が「春夏秋冬(しゅんかしゅうとう)」とこたえてくれました。実は節分は年に4回あること、その中でも春の節分が一年の始まりとして一番重要と考えられ豆まきなどの行事が行われるようになったこと話しました。(昔は春の始まりが1月1日とされていて、大晦日が節分だったことを補足説明しました。)また、鬼について、昔から病気だったり、災害だったり自分に都合の悪い(不利益をもたらす)ものを鬼と考えたことを話しました。最後に、子どもたちにどんな鬼を退治したいか聞いてみました。すると、しっかり自分を分析しているのでしょう「さぼり鬼」や「わすれんぼ鬼」などいろいろな鬼を発表してくれました。

今年の節分に、子どもたちがどんな鬼を退治するのか楽しみです。

始業式での話

年頭に当たり「未来への可能性を広げていこう」という話をしました。子どもたちの中には、将来の夢(目標)をもっている子も大勢います。もちろん、現時点では具体的な目標をもっていない子も大勢います。いずれにしても、子どもたちには平等に未来があります。その未来において、子どもたちには多くの可能性があります。しかし、その可能性は様々な条件や自分自身の生き方によって広がったり、狭まったりします。そこで、未来へ可能性を広げるためにはどうしたらよいのかを考えてみました。

・目標をもつ  ・自分と向き合える素直さ   ・へこたれない  ・粘り強く諦めない  ・人の良いところに気付ける  ・好奇心、探求心がある  ・自己肯定感、有用感が高い(自信をもつ)  ・前向に考える(思考の転換)  ・気持ちが表れたあいさつができる(コミュニケーション能力)   ・自分の考えがある    ・自分の力でやってみようとする  等

この他にもたくさんのことが考えられると思いますが、子どもたちには、このようなことの一つ一つが将来の自分をつくり、可能性を広げることに繋がるのだと話しました。

 

終業式での話

充実の2学期が終業を迎えました。終業式では、自分の成長を振り返りました。身長やマラソンの記録など、数字で出せるものは成長したことがわかりやすいですが、数字にできないものの成長を以下にあてはめて振り返りました。

・ ~ ができるようになった。(一輪車、縄跳び等)

・ ~ を覚えた。(かけ算九九、漢字等)

・ ~ を直した。(注意されたこと、テストで間違えた問題等)

・目標を持って ~ に取り組んだ。(丹生湖マラソン、運動会等)

子どもたちは、いくつもの成長があったことに気づいていました。これを自信に、1月7日希望を持って元気に会うことを約束しました。

結果を伴わないと成長したといえないと考えてしてしまいがちですが、納得のいく結果が出なくても人は成長しています。人は、結果が出るまでの過程を認めてもらえることで、次への意欲(反省・修正・新たな挑戦)へと繋がっていくのではないかと思います。