校長室から

2019年2月の記事一覧

お気に入りの風景

昨日、2年生の女の子が校長室を訪れて「校長先生に見せたいものがあるので来てください。」というので、言われるがままについて行くと、そこは図書室でした。面白い本を見つけたのかなと思ったのですが、その子の見せたいものは図書室から見える丹生の風景でした。そして、その子は「遠くに山があって、近くにも山があって、田んぼがあって、川があって、丹生は自然でいっぱいですね。私は、丹生小でよかったです。」と言いました。先日、地域の方がふるさと朝礼で「丹生のいいところ」について話をしてくださり「丹生のよさを知って、もっと丹生を好きになってください。」という話を聞いたばかりでした。だから、その時の話がその子の心にはしっかり残っていて、私に声をかけに来たのかなあと思いました。ふるさとに対する愛着、美しものに心を動かされる豊かな感性をもった子が育っていることを嬉しく思います。ちなみに、私もここから見える風景が大好きです。

今朝、蒸気が立ちこめる風景を撮ってみました。

昨年、初秋の風景です。