校長室から

2018年6月の記事一覧

ぼくが傘になる

朝礼で、いじめ防止ポスター「ぼくが傘になる」について、子どもたちと考えました。

傘の役割を子どもたちに聞き、「雨から体を守る」と押さえました。同じように考えると、ぼくが傘だとしたら何から何を守るのかを考えました。「いじめから友達を守る」言葉の上では、多くの子どもが理解できたようでした。次に、いじめの雨について子どもたちに聞くと、ける・殴る・いやなことを言う・いやなことをする等たくさんでました。そんな雨がたくさん降っている中、「ぼくが傘になる」と言うことは、とても強い気持ちなんだということに気づきました。

ぼくが傘になることは、とても勇気がいることですが、そういう気持ちをもった人になってほしいと結びました。

自然豊かな丹生

6月11日の朝礼で、丹生は季節を感じさせてくれる豊かな自然がたくさんある地域だという話を、丹生で見られる生き物の写真や鳴き声を紹介しながら話をしました。

ホトトギスやホタル、ヒバリやアマガエルの大合唱などを紹介し、丹生の里山としての自然の豊かさを認識し、そんな素晴らしい自然環境を残している丹生に生きることに誇りや愛着をもってほしいことを願っている旨の言葉で話を結びました。