校長あいさつ
平成と令和の時代を繋ぐ記念すべき年度がスタートしました。
丹生小学校の平成31年度の新入生は11名です。全校児童は、60名となります。
それぞれ1学年進級した子どもたちが、希望に燃え笑顔で学校生活が送れるよう、
教職員が一丸となって、「心豊かでたくましい丹生っ子の育成」を目指して
全力で取り組んで参ります。
保護者の皆様、地域の皆様には、今年度もかわらぬご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

富岡市立丹生小学校長    新井 貴人


校長室から

校長のひとり言

ひとり言

始業日、いつものように信号の所で子どもたちが登校するのを待っていました。しかし、いつもと違い、この日は年明け最初に子どもたちと会います。私は、元気に新年のあいさつをしようと思って子どもたちを待っていました。最初にきたのは、八幡地区の子どもたちでした。私が「あけましておめでとうございます。」と声をかけると、「あけましておめでとうございます。」と、元気にあいさつが返ってきました。その後、次々と子どもたちが登校してあいさつを交わしました。中には、私より先に「校長先生、あけましておめでとうございます。」とあいさつした子もいました。また中には、立ち止まって頭を下げながら新年のあいさつをしてくれた子もいましたし、「今年もよろしくお願いします。」とあいさつをしてくれた子もいました。いつもと違うにもかかわらず、しっかりあいさつができる子どもたちって、本当にすごい、と感心しました。きっとお家の方の後ろ姿をみて学ぶのでしょうね。

ひとり言

現在、人権旬間中で、その一環として「ありがとうの木」に取り組んでいます。してもらって嬉しかったことや自分がしてあげたことを一枚の葉にメーセージを書き幹に葉を茂らせていくという取り組みです。お家の方にも協力していただき、各学年ともたくさんのありがとうが茂っています。

先日、4年生の男の子から私にもありがとうの葉が届きました。「毎朝、はたふりをありがとうございます。校長先生とあいさつをするのが楽しいです。」と書かれていました。その子は校区の端の方から登校してきます。そして、私に元気よく「校長先生、おはようございます。」と言ってハイタッチをしてくれます。私は、この瞬間がとても大好きです。一日が元気に送れる、そんな気持ちにさせてもらっています。私は、このメッセージをもらって、はっとしました。すごく感激したのはもちろんですが、それと同時に、ありがとうのメッセージを先に送らなければいけなかったのは自分じゃないのか・・・。周囲に気を配れない自分の器量・・・。猛省しました。

温かい家庭の中で、豊かで素直な心が育まれていることに、心がじーんとなりました。

「ありがとう」本当にすてきな言葉です。

 

ひとり言

ある朝のことです。いつものように子どもたちとあいさつを交わそうと思い教室を回りました。1年生の教室へ行き「おはようございます。」と元気にあいさつを交わしました。1年生は、私に気づくと私より先に元気なあいさつをしてくれるので、とても気持ちがいいです。あいさつを交わした後、私は子どもたちが描いた絵が掲示されているのに気づき、その絵を端から眺めました。どれも子どもたちの個性あふれる素晴らしい作品ばかりでした。私が、絵を眺めていると数名の1年生が「◯◯ちゃんの絵は、ロボットの形が工夫してあるんだよ。。」「◯◯くんの絵は、ブラックホールが画用紙からはみ出しているから、ブラックホールが大きく見えるんだよ。」等々、友だちの絵のいいところを私に教えてくれました。その後も出てくる言葉はよいところばかりで、一言もマイナスな言葉はありませんでした。私は、「なるほど、そうだね。」と、うなずきながらその言葉を聞いていましたが、絵について一言もマイナスなことを言わない子どもたちに感動しました。本当に天使のような子どもたちだなと心洗われる思いがしました。

 

朝礼から

今日の朝礼では、あいさつのレベルアップを意識してもらおうと、あるお話しを紹介して子どもたちに考えさせました。

お話しは以下の内容です。(  )の部分を子どもたち自身だったらどんなことができるかを考えさせました。

『ある寒い朝のことです。わたしは,7時過ぎに家内にたまれて家ごみの「ごみ袋」を持ち,ゴミステー ションへ向かいました。前の方から小学四年生くらいの子どもがゴミ袋を持ってゴミステーションに向かってきました。

わたしは,「おはよう。寒いね。」と言ってあいさつをしました。

ゴミステーションに着くなり,その子は,(        )して,(       )くれました。

そして,わたしがゴミ袋を入れるのを待って(        )くれました。

わたしは,「あなたは大変いいお子さんだね。」「よくお手伝いができるね。」と言ってその子をほめました。

わたしは,同じ地域にこんなによい子がいることに感動しました。年寄りのわたしに,礼儀正しくあいさつをし,早朝,寒い中にもかかわらず,こんなお手伝いができる立派な子です。わたしはただただ感心させられました。 

最近,丹生小の子は「大変よくあいさつができる」と地域の人がほめていますが,この時,その通りだということがわかりました。

すてきな小学生さん,ありがとう。』

あいさつは、相手と自分を繋げてくれます。そして、お互いの心を温かいものにしてくれます。さらに、あいさつがきっかけとなってつぎの行動へ・・・。そんな期待をこめて話をまとめました。

 

朝礼から

今日の朝礼では、脳のトレーニングをしました。

<問題>バスに8人乗っています。 そのうち、3人が降りました。 バスの客は何人でしょう?

Aさんは「8人から3人引くと5人になる。」Bさんは「運転手は客ではないから4人です。」Cさんは「園バスだったら乗っている人はお客じゃないから0人です。」どうでしょうか、私も予想以上の子どもの答えに感心しました。答えは、4人と考えていましたが、理由がはっきりしていれば0~4人が正解といえます。

<問題>仲間はずれはどれでしょう?

全員に手を挙げさせると右から2番目以外に手が上がりました。そして、理由は以下の通りです。

この問題は、理由付けができれば全て正解といえると思います。仲間はずれの基準を自分で考えればよいのです。

実は、これらの問題を解くことを通して伝えたいことがありました。正しい答えを出すことは大切です。でも、もっと大切なことは、答えを出すために考えることだということです。それを答えとした理由(根拠)を自分の言葉で言えることが、今の子どもたちにとってとても大切なことだと考えています。