新着情報

パブリック

やさい村では、ニンジンとラッカセイが、「土で汚れているから。」という理由で、仲間に入れてもらえません。「ニンジンとラッカセイに顔を洗ってきたら入れてあげる。って言えばいいよ。」「仲間はずれは、だめだよ。」いろいろな意見が出ました。 ニンジンとラッカセイの気持ちが理解できるよう、役割演技をしました。 「顔を洗って、と言われたとき、悲しかったよ。」仲間はずれにされた気持ちが分かったようです。  
「沖縄の文化を紹介するキャッチコピーを作ろう」のめあてのもと、これまで学習した沖縄県について、一人一人がキャッチコピーを作りました。「ひと味ちがう沖縄料理」「エメラルドにかがやく海」「屋根の上の守り神シーサー」.。どれも沖縄の特徴を捉えたすばらしいキャッチコピーです。  
気温が高くなり水分も豊富なので、校庭や花壇が草に覆われてしまいました。野球の皆さんが草むしりをしてくださり、校庭はとてもきれいになりました。ありがとうございます。今日は、校務員さんが花壇をきれいにしてくださいました。        
「みんなが過ごしやすい町へ」では、教科書の文章をもとにして報告文を書き、引用の仕方や情報の集め方について学びます。今日のめあて「身のまわりの工夫について、報告したい内容と、調査方法を考えよう。」のもと、調べる目的や調べる方法について考えます。 さらに、総合的な学習の時間では、本やパソコンで実際に調べ、引用したい部分を記入しました。
「『中』をくわしく読んで、『問い』にたいする『答え』を見つけよう。」が今日のめあてです。文章を読み、「①どんなこまがあるか」「②どんな楽しみ方があるか」を見つけてプリントに書きます。分からないことをそのままにせず、「分かりません。」としっかり自分から質問できることが素晴らしいです。
「読書の達人」スタンプラリーが始まりました。20分休みには、スタンプラリーカードを持った1年生と3年生が図書室にやってきました。カードにある本を読むと、スタンプが押され、全部の本を読むと賞状がゲットできます。
日本列島の7月と1月の降水量を表した地図を比べて、気付いたことを発表します。「1月は、東と西で降水量が違う。西側が多い。」「7月は、南が降水量が多い。」などの意見が出ました。なぜ、このような違いがあるのだろう…。まだまだ授業は、続きます。
今日の棒グラフは、昨日と違います。「どんなところが違うかな?」の問いに、「グラフが横になっている。」「数が多い。」などの意見が出ました。「では、今日のめあては、どうしたらいいかな?」まずは、めあてについて考えます。
図書の時間は、図書室事務員さんによる読み聞かせ「因幡の白ウサギ」です。   校庭の草むしりです。自分の分担場所を一生懸命きれいにすることができました。
校舎の広さに対して児童の人数が少ないため、清掃はとても大変です。   1年生も上手にできるようになってきました。   高学年は、流石です。静かに進んで取り組むことができます。
○「家族で楽しむ!サイエンス」(6月1日より放送開始)… 小中学生を中心に高校生から大人まで幅広い世代の方のサイエンスへの興味がかきたてられる番組 ○「効果を高める!遠隔学習支援コンテンツ」(6月22日より放送開始予定)… 小中学生向けに各教育委員会が制作した学習動画に、教師等が学習動画を用いた家庭学習を課す際のポイント解説などを盛り込んだ番組 詳しくは、放送大学ホームページをご覧ください。  
3・4年生は、総合的な学習の時間の「カイコを育てよう」の単元で、養蚕について調べたり体験したりします。今日は、講師の方をお招きして、養蚕について学びました。「卵は、どこから持ってくるのですか?」「カイコの雄と雌は、どうやって見分けるのですか?」「野生のカイコは、日本以外にもいるのですか?」など、多くの質問が出されました。
「横画の筆づかいに気をつけて書こう。」のめあてのもと、「二」を書きました。 自分の書いた字のよかったところと、直したいところを発表しました。反省を生かして、もっとよい字が書けそうですね。
今日の算数は、「6をわけよう。」がめあてです。6は、いくつといくつに分けられるか考えます。 しっかりとノートに書くこともできました。   国語の「おんどくはっぴょうかいを しよう」では、発表する人と聞く人のめあてが示されました。発表する人は、姿勢や声の大きさに注意すること、聞く人は、静かに、いいところを見つけながら聞くことです。
算数「わり算の筆算」では、「わり算の筆算の練習をしよう」のめあてのもと、ノートに計算を行った後、黒板に書くことにもチャレンジしました。 2組の花壇(畑)には、野菜に実が実り始めました。収穫が楽しみです。 うさぎの世話も頑張っています。
国語「漢字の広場」では、「二つの昔話を、つなぎ言葉を使いながら完成させよう。」のめあてのもと、文作りの活動を行いました。適切なつなぎ言葉(接続後等)を選択して場面に即した文を作ることができるでしょうか。 算数「わり算の筆算」では、「あまりのあるわり算の筆算の仕方を考える」学習です。昨日学習した「あまりのないわり算」をもとに、計算をし、確かめると…… 「あまりのあるわり算の筆算の仕方は、あまりのないわり算の筆算の仕方と同じ」という結論になりました。
国語「たんぽぽの ちえ」では、「四つめのちえを見つけよう」がめあてです。教科書の内容を読み取り、たんぽぽの知恵を見つけます。 教科書のどこに書いてあるか、友達に伝えています。 図工では、今まで取り組んできた「ざいりょうから ひらめき」の仕上げです。それぞれの思いを表現した素敵な作品ができました。
富岡ライオンズクラブから、図書カードの寄贈がありました。ライオンズクラブについてお話をうかがった後、児童代表が図書カードをいただきました。寄贈いただいたカードで購入した本は、「富岡ライオンズ文庫」のシールが貼られます。よりよい本を選択し、学習に役立てたいと思います。ありがとうございました。
「誕生日やほしいものについて、言えるようにしよう。」が今日のめあてです。今日は、ALTの先生も来ていただき、3人の指導者がTTの授業を行いました。月の言い方を確認し、絵を見ながら英語を聞いて、番号を記入する学習や、映像を見ながら英語を聞いて、月について聞き取る学習をしました。
西中学校区の小中学校では、連携して指導を行うために、定期的に校長や担当が会議を行っています。今日は、校長会議で、西中学校へおじゃましました。本校から入学した1年生の様子を聞き、授業を見させていただきました。丹生小学校出身者をはじめ全ての生徒が、授業のねらいに沿ってしっかりと学習を積んでいる様子を拝見しました。スムーズに中学校生活を送ることができるよう、できるだけギャップをなくしていくとともに、学力をしっかりと身に付けてから送り出せるようにしなくては…と改めて思いました。
「十の位の数がわりきれないときの わり算のしかたを考えよう。」のめあてで、学習を行いました。72枚の折り紙を3人で分ける時の答えの出し方を一人一人が考え、自分のやり方を説明します。
横断歩道の渡り方について、学校前の横断歩道を使って学習しました。「青になってもすぐ渡らない。」「左右を見て、車が来なかったら渡る。」「青信号が点滅したら、渡らない。」「渡っている途中で点滅したら、急いで渡る。」など、実際に渡る練習をしながら、確認しました。ですが、まだ少し不安です。ご家庭でも繰り返し、実践していただけると、しっかり身に付くと思います。
道徳では、「学校だいすき」を教材として、「1年生の時にどんな人にお世話になったか。」「そのとき、どんなことを思ったか。」について、話し合っています。 国語では、「だいじなこと落とさずに、話したり聞いたりしよう。」を目標に、図を見て遊園地にいる人について話したり、その人を見つけたりする学習をしました。
今週から、音楽の学習が始まりました。1学期は、新型コロナウイルス予防のため、鑑賞が中心となります。導入では、拍の流れを意識しながら音楽をする気持ちを高める学習をしています。 授業の最後には、今日の学習を振り返り、分かったことや感じたことを記入します。
「図書館で、本のつくりや分類の仕方について理解する」ことが今日の目標です。図書室で、分類について学び、画用紙にまとめています。ある児童に「9は、何?」と聞いてみたところ「物語!」と即答。しっかり理解できていました。
6月15日(月)は、スクールガードリーダーの方に来校いただき、1~3年生の下校の様子を見ていただきました。丹生地区は、路側帯が狭く、富岡市内の小学校の中で最も危険だというお話をうかがいました。より一層の交通安全指導の充実が必要です。 6月16日(火)には、3・4・6年生の避難訓練の様子を見ていただきました。非常によくできたというお褒めの言葉をいただきましたが、自分で考えて避難する力を高めることが大切だというお話をうかがいました。
地域づくり協議会より4年生に、防犯ブザーが授与されました。丹生地区の区長会長さんから、4年生学級代表へ渡していただきました。自分の身を守るため、大切に使わせていただきます。ありがとうございました。
学校が再開し、ホッと一安心です。学校では、感染症予防のため、以下に示します文部科学省、群馬県からのマニュアルやガイドラインに沿って、管理・指導を進めていきます。 020616改訂 学校における新型コロナウイルス感染症に関する管理衛生マニュアル 020616kaitei.pdf  群馬県学校再開に向けたガイドライン<改訂版> saikai2.pdf R2 丹生小学校 新型コロナウイルス感染予防対策 R2 nyutaisaku.pdf