新着情報

パブリック

不審者が校舎に侵入したことを想定した避難訓練を実施しました。警察署の方とスクールガードリーダーの方々からアドバイスをいただきました。 怪しそうだなと思ったら大声で助けを求め、すぐその場やら逃げること、とアドバイスをいただきました。
星の学習をしました。星をよく見ると、色が違うものや大きさが違うものがあることに気づき、どうして違いがあるのかを調べてみることになりました。
1階図工室に子どもたちの書き初めを展示しています。文字の形や大きさには違いはありますが、どの作品も子どもたちが精一杯書き上げました。この機会に、ぜひ子どもたちの作品をご覧ください。 期 日; 1月14日(火) ~ 1月24日(金) 時 刻; 9:00 ~ 16:45  
今朝は、ボランティアの方々による読み聞かせがありました。 低学年は、素話「エパシナンダス」「はなせない話」の2話と「おしゃべりな毛糸玉」1冊を読んでいただきました。 中学年は、「すごいたいじゅうでうごきません」「シオドアとものいうきのこ」「だれのパンツ?」を読んでいただきました。 高学年は、「Life」「まつげの海のひこうせん」「オニのサラリーマン」を読んでいただきました。
たし算やひき算、かけ算を使って問題ときました。同じ数のまとまりにできるとかけ算が使えるので、子どもたちは同じ数のまとまりにしようと一生懸命考えていました。
始業日、いつものように信号の所で子どもたちが登校するのを待っていました。しかし、いつもと違い、この日は年明け最初に子どもたちと会います。私は、元気に新年のあいさつをしようと思って子どもたちを待っていました。最初にきたのは、八幡地区の子どもたちでした。私が「あけましておめでとうございます。」と声をかけると、「あけましておめでとうございます。」と、元気にあいさつが返ってきました。その後、次々と子どもたちが登校してあいさつを交わしました。中には、私より先に「校長先生、あけましておめでとうございます。」とあいさつした子もいました。また中には、立ち止まって頭を下げながら新年のあいさつをしてくれた子もいましたし、「今年もよろしくお願いします。」とあいさつをしてくれた子もいました。いつもと違うにもかかわらず、しっかりあいさつができる子どもたちって、本当にすごい、と感心しました。きっとお家の方の後ろ姿をみて学ぶのでしょうね。