新着情報

パブリック

今日は、4年生道徳で人権学習に関連した授業を行いました。「よい友だちになるには、どんなひけつがあるだろうか。」のめてのもと、友だちについて考えました。ブラジルから来た転校生に対する思い込みが、友情に変わった主人公の心の動きを話し合い、「よい友だちになるひけつ」を考えることができました。  
昨日11月30日より12月11日まで、丹生小学校は、人権強調旬間です。期間中は、各クラスや全校で人権について考え、自分や友だちを大切にすることに取り組みます。   人権スローガンについて話し合っています。(4年生)   2年生道徳「およげない りすさん」友だちと仲よくなるために、どのようなことが大切か考えました。   「ありがとうの」木 友だちにしてもらってうれしかったこと(黄色)、友だちにしてあげたこと(緑)、保護者の方から子どもたちへありがとう(ピンク)の葉を貼っていきます。   6年生学級活動「人権旬間」  感謝の言葉から、丹生小学校を良くしていくことができるかを考えました。      
今朝は、この秋一番の冷え込みとなりました。寒い中でも頑張って登校し、元気な声で「おはようございます。」と挨拶できる丹生小の子どもたちから、毎朝パワーをもらっています。
「音楽の仕組みを生かして、リズムアンサンブルを作ろう。」が、今日の音楽のめあてです。グループの中で一人一人が違うリズムと楽器を担当し、リズムを組み合わせてリズムアンサンブルを作ります。実際に楽器の音を出しながら、打楽器の重なるひびきを感じ取ってアンサンブル作りを行います。  
「ちいちゃんのかげおくり」のまとめの学習です。「『ちいちゃんのかげおくり』を読んで、感じたことを伝え合おう。」が、今日の国語のめあてです。まとめ方を確認したあと、前文を音読します。家でも音読練習を積んできたので、とても上手です。   音読の後に、それぞれの感想をノートにまとめました。
「しぜんの中に生きる動物を大切にするということは、どういうことだろうか。」が、今日の道徳のめあてです。「鳥のために、木の上側の柿は残しておく。」というおじいさんの考えに、「鳥のことを考えて、偉い。」「自分だったら全部取ってしまう。」などの意見が出されました。
「わがままをしないでせいかつするには、どうしたらいいかな。」が、今日の道徳のめあてです。周りの人の注意を聞かずにつるを伸ばし続けるかぼちゃ。かぼちゃの気持ちや周りの人の気持ち、なぜ我が儘をしてはいけないかを考えます。この授業は、研究授業で多くの職員が参観していましたが、しっかりと発言したり活動したりできました。   つるに見立てたテープを伸ばし、かぼちゃの気持ちを考えます。   役割演技をして、周りの人の気持ちを考えます。   これから我が儘をしないためには…?ワークシートに記入します。
給食センターの栄養教諭が1~4年生のクラスに訪問し、指導をしてくださいました。1年生は、「給食に使われている食べ物について」。2年生は、「食事のマナーについて」。3・4年生は、「感謝して食べよう」です。
本校では、「主体的に学習する児童の育成~自分の考えをもち、他者の考えと比較しながら対話することを通して~」の研究主題のもと、校内研修に取り組んでいます。本校では、短時間で指導案検討会・授業検討会を行うこと、全員で授業参観を行うことを基本に、研究を進めています。これまでに、4人の職員が授業提供をし、職員全員で研究会を行ってきました。今日は、5人目の授業、1年生道徳の指導案検討会です。活発な意見交換が成され、道徳の授業改善への意欲が感じられました。
「言葉にこだわって、作品を読み取ろう」が、今日の国語のめあてです。「斧入れて 香におどろくや □木立」与謝蕪村の句ですが、□に入る季節を議論しています。今日は、西中学校の先生が、授業参観にいらっしゃいました。  
読書月間中なこともあり、図書室は賑わっています。借りる本を選んだり、座って読書を楽しんだり…。この機会に、たくさんの本を読んで、読書好きになってほしいです。
丹生保育園の園児の皆さんとの交流会です。始めに、「大きなかぶ」の音読劇をしました。   次に、1年生の教室や図書室を案内しました。園児からの質問にも上手に答えられました。   最後に体育館を案内して、パプリカを踊ったり、ころがしドッジボールを楽しんだりしました。