学校の概要
 
 本校は丹生盆地のほぼ中央に位置し、緑豊かな大自然に囲まれて立地しています。
 学級数6、児童数68、常勤の教職員数15です。一学級当たりの児童は10人から16人と小規模であり、3・4年が複式学級となっています。
 校舎敷地は2,237㎡、校庭9,336㎡、プール1,487㎡と広い校地と整った施設を持っています。現在の校舎は、昭和55年に建てられたもので、一般教室7、パソコン室1、特別教室6、その他管理室を有し全体的に余裕があります。なお、校舎に隣接して体育館があり、 校庭は100mの直線コースと200mのトラックがとれる広さです。体育館・校庭とも関係者の協力で良く整備され、利用者も多数います。
 学校周辺には、駐在所・保育園・郵便局・消防分団・公民館等があり、校庭東隣におよそ1,100㎡の耕作地を持ち、理科の実験用及び勤労生産用耕地として学校園・学級園に利用させていただいてます。
  地域の学校のつながりも強く、秋の運動会は地域と学校の両方が関わって開催しています。



学校の沿革と校歌
 丹生小学校の沿革(明治元年~昭和55年)  enkaku1.pdf
 
 丹生小学校の沿革抜粋(明治5年~現在)  enkaku2.pdf

 丹生小学校の校歌  kouka.pdf