校長室から

2019年6月の記事一覧

ひとり言

いつものように学校前の交差点で子どもたちの登校を待っていると「おはようございます。」と、元気に子どもたちが通り過ぎていきます。あと2班来ると登校完了だと思いながら待っていると、その2班は班長ではなく副班長が先頭で歩いてきました。「おはよう。◯◯くん、今日は班長なんだね。」と声をかけると、「1年生が転んでしまったので班長は、後から一緒に来ます。」というのです。

数分後、その班の班長と別の班の班長が、1年生を挟むようにして歩いてきました。話を聞いたところ、1年生がつまずいて転んでしまったので、その班の班長はすぐに「大丈夫。」と声をかけ手をさしのべて起こした後ケガのようすを確認したそうです。そして、大きな傷はないものの心配なので班の子は副班長に任せ先に行かせ、自分は1年生に寄り添う判断をしたのだそうです。

また、その時異常事態に気づいた50m先を歩いていた別の班の班長が、自分の班の子に「行ってくるから先に行ってて。」とその場に駆けつけ、「大丈夫。一緒に行こうね。」と優しく声をかけてくれたそうです。

二人の班長のとった行動と心の中を想像すると、とても心が温かくなると同時に判断の的確さは素晴らしいと思います。こんな素晴らしい行動の取れる子どもたちを誇りに思います。

転んでしまった1年生は、先に登校した1年生から連絡を受け待ち構えていた担任に手当てをしてもらいました。