校長室から

朝礼から

まだまだ暑さが続いていますが、耳をそばだてると草むらから聞こえる虫の音に秋を感じるようになってきました。そこで、今回の話は「丹生の秋を感じよう」をテーマに、虫の声を紹介しました。1~3年生では虫取りが流行っていて、休み時間になると草むらへいってはバッタなどの虫を捕まえて遊んでいます。そんなこともあり、今回の話はタイムリーだったようで、鳴き声の音声をながすと「こおろぎだ」「きりぎりすだ」と興味津々で聞いていました。子どもたちの日常では、何気なくながしてしまう音ですが、季節を感じることができる自然が、ここ丹生ではまだまだたくさん残っています。そんなふるさとの素晴らしさを、耳をすまして感じて欲しいと伝えました。